校歌
山川はるか行く風に
歌えば友情わいてくる
みんなで腕をくみあって
今日も元気に駆けようよ
歓声あがる丘の空
日計ヶ丘 日計ヶ丘 わが母校
青空ふかく飛ぶつばさ
仰げば希望わいてくる
みんなで知恵をだしあって
今日も仲良く学ぼうよ
歌声おこる丘の園
日計ヶ丘 日計ヶ丘 わが母校
海原とおく立つ雲を
望めば勇気わいてくる
みんなで声をかけあって
今日も雄々しく進もうよ
掛け声ひびく丘の道
日計ヶ丘 日計ヶ丘 わが母校

校章の由来
 『ひ』の字は,鳥を形づくり,飛翔する様子を表す,全体の形は小高い丘に建つ学び舎と『ひ』の形は,そこに学ぶ子どもの姿である。
 『小』の字は,『ひ』の字の抱え込まれるように配され,三方に伸び,知・徳・体の調和のとれた,豊かな人間の育成をめざしている。
 大海に飛び立ち,シンボルの翼が美しく見える背景は,マリンブルー。
海の青さのようなブルーがよいと思う。
H4.12.10 考案者 平川則昭

  教育目標へ  沿革・概要へ  ホームへ