住所:八戸市小中野五丁目2-17
TEL:0178-44-1513
FAX:0178-71-1371
大きな地図で見る

方 針

 平成29年度 学校経営の方針
1 経営の基本方針
 日本国憲法、教育基本法、学校教育法の精神に基づいて、青森県や八戸市の学校教育指導の方針・重点をふまえ、地域や子どもの実態を考慮し、知・徳・体の調和のとれた人間性豊かな子どもを育成するために、いのちの教育を基底に、学校経営に創意工夫をこらし、個を生かし、基礎・基本の着実な定着と学びへの意欲をはぐくむ教育の充実に努める。

2 経営の基本的理念
「子どもの心を耕し、一人一人の個性が育つ教育の実践」
  (1)めざす学校像「子どもの瞳が輝く楽しい学校」
    それは、①子どもにとって学び甲斐のある小中野小学校
          ②保護者にとってあずけ甲斐のある小中野小学校
          ③教職員にとって働き甲斐のある小中野小学校
  (2)めざす子ども像
  「夢に向かってチャレンジする、知的好奇心あふれる子ども」
   ・自然の偉大さ美しさに感動する子ども
   ・豊かな感性をもち、自ら問いを持つ子ども
   ・粘り強く自分で調べ、解決する喜びを楽しめる子ども
   ・自分が調べまとめたことを伝え合い、その楽しさを広げていける子ども
   ・命を大切にする子ども
   ・ふるさとを愛する子ども
   ・読書を楽しむ子ども
   ・基本的な生活習慣、学習習慣を身に付けた子ども

3 経営の方針
(1) 授業の充実
 ①子どもの内発的な学習意欲を十分に喚起し、
                        学習のすべを増やす指導に努める。
 ②思考力を中核とし、それを支える基礎力と、
               使い方を方向づける実践力を意識した授業を行う。
 ③基礎的・基本的な学習内容の定着に努める。(補充指導の推進)
 ④一人一人が個性や能力を発揮でき、学ぶ楽しさや
               成就感を味わうことのできる授業の推進に努める。
  (各教科の体験的学習の推進 特に、社会科と理科、総合『海とのかかわり』)
 ⑤子どもの感性を高める教育活動の推進(美育<集団書道・絵画>・読書活動)
 ⑥学校課題解決を目指した校内研修の推進(共通実践・視点を持たせる工夫)
 (2) 心の触れ合う教育の充実  出会いを大切に
 ①個人が尊重される支持的風土のある学級経営に努める。
  (子どものコミュニケーション能力を高める。子どもの見る目を磨き、
   こなアンケートや、Q-U、道徳意識調査、相談カード等を活用して児童理解と
   教育相談に努める。SSTの実施、道徳意識調査、相談カード、特別支援教育・
   ユニバーサルデザインの推進を図る。)
 ②いじめゼロ・不登校ゼロに配慮した学級経営に努める。
 ③日常生活につながる道徳の授業の充実を図り、道徳的実践力を高める。
 (保護者を巻き込んだ道徳の授業の推進)
 ④異年齢集団による活動の充実
(3) 体力づくり
 ①体育の授業の充実(課題となる体力・運動能力の改善)
  校内マラソン等体力づくりに励む子どもの育成に努める。
 ②給食指導において基本的な食習慣を身に付けさせる。
 ③学校保健委員会の開催(健康に関する親子会議の推進)
 (4) 教育の専門職としての教員の資質向上を図る。
 ①学習指導要領の趣旨に基づいた、新学習指導要領の読み取り
  校内外の研修への積極的な取り組み、研修成果の日常化を図る。
 (校外研修報告会の実施、学力分析の活用と県学力調査への対応)
 ②教師力(授業力+人間力+社会力)の向上
 ③教師は最大の教育環境であることを自覚し、
                    常に子どもの鏡であることに努める。
 ④参画意識をもって教育課程の推進に努める。
(5) 家庭、地域、社会との緊密な連携
 ①開かれた学校の推進(外部リソースの活用を図り、情報を開く、
  学びを開く(景観学習の成果)、経営を開く、施設(漁業資料室)を開く)
 ②地域との連携の充実を図る。
      (町内連合会との合同運動会と地区民生委員との懇談会の推進)
 ③小中野の歴史や文化、行事、環境等を教材にし、より実践的に複数の
  教科等を横断敵に学び、生きた学びを展開する・・・地元学
 ④学校、学年、学級の取り組みの発信
 (6) 安全指導の徹底 
 ①「いのち」の大切さを実感させる指導
 ②「安心、安全まちづくり」との連携
 ③「情報モラル教育」の推進

   見届けを大切にした教育活動の推進に努める