住所:八戸市大字八幡字
    館ノ下12番地2
TEL:0178-27-3321
FAX:0178-70-1095
大きな地図で見る

平成28年度学校経営方針

◎ 平成28年度 学校経営方針
                                                          明治小学校 校長 田中 利男

  1.「 創意に満ち、生き生きと活動する学校 」・・・めざす学校像

    (1) 確かな学力を付ける学校
       授業の質の向上に努め、一人一人に確かな学力を付ける。
   
     (2) 思いやりに満ちた学校
        豊かな体験活動を通して、心づくり・体づくり・人間関係づくりを推進して、思いやりに満ちた学校づくりに努める。
    
   (3) 共育しあう信頼ある学校
         家庭・地域と連携を深めた共育しあう学校づくりに努める。「確かな学び」と「豊かな育ち」につながる地域密着型教育を推進する。

 2.「学校教育目標・努力目標」・・・めざす子供像  

      教育目標  :  豊かな心と学ぶ意欲をもち、たくましく生きる子
      努力目標  :   ◎ よく考え学習する子
                             ◎ 思いやりをもつ子
                             ◎ 体をきたえる子

 3.めざす教師像  

    (1) 教職に対する強い情熱
       ・教師の仕事に対する使命感や誇り、愛情や責任感、向上心をもつ。

  (2) 教育の専門家としての確かな力
   ・教師は授業で勝負する。子供理解力、生徒指導力、学習指導・授業づくりの力、
     教材解釈の力を高める。

  (3) 総合的な人間力
        ・豊かな人間性や社会性、常識と教養、礼儀作法、対人関係能力、同僚として協力
     していくことに努める。

 4.経営の重点

      学校目標・・・・今年度達成する最重点目標  

     「学習意欲の向上」~達成感・成就感を味わえる授業実践を通して~
    (重点施策)
  
    (1)校内研修を中心とした授業改善

    (2)授業における生徒指導の充実
    
  (3)家庭学習の習化
 
5.学校経営の方針

  (1)確かな学力を付ける。(学校目標の重点施策の具現化)
     ①校内研修を中心とした授業改善
    ○特別支援教育の視点を取り入れた授業を推進する。
    ・一日の活動の提示と掲示物(安心して過ごせる環境)、授業の型の一定(学習の見通し)
         ・資格に訴える指示・説明がある授業を実践する。
       ○達成感・充実感を味わえる授業の推進
         ・ふり返りの場の工夫と観点の明確化(相互評価と自己評価の工夫)
       ○個に応じた学習の充実
         ・効果的な学習形態(TT・習熟度別学習)を工夫する。
       ○活用問題を工夫し、学びを活用して解き表す力を育てる。
     ②授業における生徒指導の充実
    ○学習規律の徹底(「はいっ」という返事、聞く姿勢と「素直に聞く」力=多動を止める)
    ・月1回、ふり返る時間(自己評価)を確保し、成果や変容を認め励ます。
        ○共感的な人間関係の育成
    ・グループ・ペア学習を意図的・計画的に設定する。
    ・話し・聞き合い、共感し合う指導の工夫(話合いの形態、話し・聞き合うポイント提示)
        ○Q-Uテストの実施と分析による人間関係づくり
    ・学級づくり・人間関係づくり(H27/11月実施Q-Uの活用:学級経営案に記入)          
    ○相談機能(学習相談、教育相談)の充実(定期的なアンケートと面談の実施)
    ③家庭学習の習慣化
        ○家庭学習と関連させたスキルタイムの充実(漢字・計算テストの実施)と評価
    ・家庭学習とスキルタイムの関連性を図り、学習意欲を高める工夫をする。
         ○「明治の子」を活用した基本的生活習慣の定着(ふり返りや反省)

  (2)豊かな心・健やかな体づくりの充実に努める。
  ①異年齢集団の活動や学校行事の充実により、よい人間関係を築く力を育てる。
  ②キャリア教育を生かし、達成可能な目標をもたせ、自己有用感を育てる。
  ③「明治の子」を活用して、基本的生活習慣の定着を図るとともに、自分の成長を実感させ、自尊感情を育てる。
   
  (3)家庭・地域との協力体制を推進・強化する。
     ①基本的生活習慣や学習・読書習慣の望ましい形成を促すため、相互理解を図りながら家庭の教育力を育み、学校と家庭の相互信頼   
    を一層強固にする。
     ②地域資源(施設、人材、自然、諸団体等)を教育活動に生かし、学習活動の活性化を図る。

  (4)児童の教育的ニーズに応じた特別支援教育の充実に努める。
     ①児童の教育的ニーズや能力に応じた個別指導の工夫と支援に努める。
     ②共に学び、活動できる交流学習の積極的な推進と協力的な指導体制づくりに努める。
   
  (5)地域密着型教育を推進する。
     ①地域に根ざした教育活動を大切にして、地域を誇りに思う態度を育てる。
     ②地域関係機関・保護者と連携し、いのちを守る安全安心教育の実践に努める。
     ③保・中との連携を密にして協力関係・信頼関係を深め、協力して子どもを育てる。