所 在 地

 当学区は八戸市の中心街から南方4.5kmにあり、その前身は昭和33年9月に八戸市に合併した旧大館村である。
校舎西側には新井田城跡があり、南方に階上岳を仰ぐことができる。
 学区内には農地が多いが専業の農家は少なく、会社員等が多い。特に団地の造成によって他地域からの転住者も多く、新旧の住宅地が混在する地域となっている。