昭和40年度
4・1 第五代校長に山内清栄着任校訓制定(知をみがき正しく、強くたくましく、明るく心豊かに)
23 第十一代PTA会長に兼平金次郎就任
10・10 通学路に防犯灯七灯設置(PTA母姉委員会、部落会の寄付金による)
昭和41年度
4・1 第十二代PTA会長に上野豊治就任
5・8 上水道施設工事完了、通水す
6・29 浅水川氾濫
10・17 県下防犯弁論大会で優勝する
昭和42年度
6・4 NHK杯野球大会優勝
29 市中体連野球競技で野球部初優勝。駅通りで祝賀パレードを行う
7・24 海水浴訓練(二十五日まで)
30 県中体連野球競技で野球部初優勝(準々決勝で三沢一中に二対○、下北佐井中に三対一、決勝で北郡相内中に二対一でそれぞれ勝つ)
8・29 校内弁論大会(PTA会長上野豊治杯争奪戦)、
10・10 創立二十周年記念運動会
2・14 校舎東側に特別教室(理科室、製図室)を増築
昭和43年度
4・1 第六代校長に山内甚八郎着任学校の組織運営に関する規定新たに制定する
5・10 特別教室(理科室、製図室)落成式
16 十勝沖地震発生、午前九時四十九分(第二校時)授業中。震度五の強震におそわれたが、全員無事避難せり。
被害の概況
・壁脱落約二十坪、
・ガラス破損七十余枚、
・教材にかなりの損害等、
生徒全員無事避難のあと、約一時間後注意を与えて帰宅させる。水道、電気とまる
17 臨時休業、ラジオ、テレビを通じて市教育委員会通達で休校の処置がとられた。大部分の教職員は登校し、被害の状況を調べ処置せり
学区内の被害状況
・正法寺の山津波、他に全壊家屋多し
・大仏の山津波で二戸流される
・矢沢地区倒壊家屋多し
5・18 臨時休業・全職員八時三十分出勤し、応急処置のあと、学区内を見廻る
20 余震いまだ続き、落ち着かない。断水で不自由給水車を要請する
生徒の家の被害状況
・全壊家屋十二名
・半壊家屋五十一名
・傾斜家屋二十九名
24 市教育委員会より、校舎被害状況調査官来訪
6・15 野球バックネット竣工、祝賀会を行う
11・9 金庫の寄贈を受ける(一条金庫株式会社社長小枝良一氏より、時価十数万円)
3・29 湯沸場兼浴場新設
昭和44年度
4・8 オーケストラ楽器(三十万円)PTAから寄贈を受く
7・18 歴代校長肖像掲揚披露会
25 消防本部より手動式サイレンの寄贈を受く
11・9 サッカー用ゴール(鉄製)三浦鉄工より寄贈
12・21 普通教室、職員室等の照明設備
2・6 講堂水銀灯・白熱灯・外庭用水銀灯取りつける
昭和45年度
6・15 PTA設備充実費によりクラブ部室四室新築
8・28 校内弁論大会(PTA会長上野豊治杯争奪戦)
12・14 正面玄関前に三大岩設置す。「剛操」と命名する
25 PTA諸事業完成記念誌「ともしび」発刊
昭和46年度
7・26 海水浴訓練(白浜海岸)
10・26 市中体連新人戦でサッカー部優勝
2・5 PTA会誌「剛操厳」発刊
昭和47年度
4・1 第七代校長に小平清着任
6・21 市中体連でサッカー部優勝、県大会出場決定
7・24 海水浴訓練(白浜海岸)
9・29 市中体連新人戦でサッカー部優勝
10・7 県英語弁論大会に三年滝まり代出場
11・1 防音校舎建築のためのボーリング開始
2・10 校内スケート大会を熊ノ沢リンクで開催
昭和48年度
4・1 第十三代PTA会長に馬渡一吉就任
5・17 三条学区家庭教育学級を本校に開設
6・1 特殊学級用として手フート印刷機を購入
7 全国特殊教育推進大会の会場校となる
8・4 三条学区学校プールを校庭隣接地に開設、落成式及びプール開きを挙行
22 仮設校舎(プレハブ)建築完成。一・二年移転
9・22 二級防音校舎建築工事安全祈願式挙行
10・6 市中体連新人戦でサッカー部優勝
昭和49年度
5・4 二級防音校舎第一期工事(東側半分)完成。三年四クラス移転
6・27 市中体連でサッカー部優勝。県大会出場決定
7・31 田代平で全学年林間学校を開設
8・18 第一回学友会球技大会
30 校内弁論大会(上野豊治PTA会長杯争奪戦)
9・2 結成座人形劇鑑賞
10・2 本校で市中学校教育研究協議会を開催
1・11 第一回三条中百人一首かるた大会
3・20 二級防音校舎第二期工事(西側半分)完成。全学年新校舎使用始まる
昭和20年|30年|40年|50年|60年|平成元年|10年20年
トップページ







Copyright (C)Sanjo junior high school