非常災害時における児童の安全確保について 

 「八戸市立青潮小学校」
【地震発生時】

1 八戸市内で「震度5弱以上」の地震における対応

@登校前に地震が発生した場合
夜半や早朝の登校前に地震発生→原則として「休校」とします。

A在校中に地震が発生した場合
児童を直接保護者に引き渡すことを原則とします。それまでは学校で待機させます。
各教室で待機させます。兄弟姉妹がある場合は,一番下の学年の教室で待機させます。
   連絡については安全情報配信と電話連絡を中心に行います。
   停電等で連絡がとれない場合は,「迎えに来校する。」等の判断をお願いします。

2 朝6時の時点で全市あるいは学区内が停電している場合
○信号機が点灯しない等安全確保に支障があることや給食の提供ができなくなること等から原則として「休校」とします。
【悪天候時等】
▼登校時,暴風雨(雪)警報,大雨・大雪警報,津波警報等が出されている場合▼ 

@ 登校が危険であると保護者が判断された場合は,無理に登校させないでください。
  天候の回復を待って登校させてくださるか,付き添い登校の対応をお願いします。

A 学校で臨時休校や登校時刻の変更を決定した場合には,なるべく早い時間にご家庭に連絡をするようにします。但し,時間がかかることもありますのでご了承ください。

B 臨時休校となっても,既に登校している子どもたちにつきましては,ご家庭と連絡を取り合い,保護者に引き渡すまで責任を持って学校でお預かりします。

▼登校後,暴風雨(雪)警報,大雨・大雪警報,津波警報等が出された場合▼ 

@ 下校が危険であると思われる場合は,安全なうちに授業を打ち切り,保護者の出迎えをお願いすることがあります。その際は,ご家庭に連絡いたします。連絡については安全情報配信と電話連絡を中心に行います。

A ご家庭から迎えに来る連絡があった場合は,引き渡すまで責任を持って学校でお預かりします。(ご家族不在の場合,子どもだけで帰宅させることはありません。)

B 警報までは至らず天候が回復した場合等,職員が引率しての町内子ども会ごとの集団下校とする場合があります。

C 警報等が解除される見込みがない場合には,下校時刻以降も安全のため学校にとどめることがあります。その際は,連絡をして迎えに来ていただき,引き渡します。
八戸市教育委員会 「非常災害時の対応の見直しについて(外部リンク)」