◆ 校章の由来 ◆

・図案の決定   昭和37年7月20日
・図案の作者   当時八戸市内中学校に勤務されていた城井田章 先生
・図案について  さくらの花びらと蕾をかたどった青潮小の校章には
           学校の発展と子どもたちへの「たくましく、心美しくあれ」の
           願いが込められている。特に上部の蕾は、生々発展する
           未来を象徴しているものである。校庭を囲む樹木は
           創立当時、植えられたものであるが、すくすくと育ち、
           48年の年輪を重ねている。

青潮小 と さくら