沿革史


明治12年           長苗代地区に育養小学校として開校。

   35年11月20日    本村小田・育養・啓蒙の3尋常小学校を合併し下長尋常小学校
                  と称し、位置を長苗代字太古殿1番地1号に定め、校舎30坪を
                  落成、八太郎分教場を置く。

   37年 5月12日    高館分教場を置く。

   44年 2月22日    午後2時、校舎全焼。

   45年 4月        校舎新築落成。

大正 4年 5月15日    高等科併置。下長苗代尋常高等小学校と改称。

昭和 4年10月24日    講堂竣工。

   16年 4月 1日    下長国民学校と改名。

   17年 4月 1日    八戸市に編入。

   22年 4月 1日    八戸市立下長小学校と改め、下長中学校併置。高館分教場を
                  高館分校と改名。

   23年12月 1日    八太郎分教場は根岸小学校と改め、独立。

   49年11月 7日    防音校舎落成記念式典を挙行。

   52年 4月 1日    高館分校は高館小学校と改称、独立。

   58年 3月31日    城北小学校、本校より分離独立。

   61年 7月 8日    体育館増改築・校舎増築落成記念式典挙行。

平成 元年 4月       校庭拡張。

    6年12月28日    三陸はるか沖地震により校舎一部損壊。

    7年 7月30日    第17回全国スポーツ少年団軟式野球交流会 第3位。

   10年 6月13日    校庭東側に「子どもの森」造成工事開始。

   11年10月 8日    創立120周年記念式典挙行。

   11年11月 9日    八戸市学校給食実践発表会開催。

   12年 2月24日    「ふるさと大好き活動」が青森県教育奨励賞を受賞。

   12年 3月28日    少年消防クラブ、優秀団体として全国表彰。

   15年11月 1日    下長小学校ホームページ開設。

   15年11月30日    第37回ヤサカ杯争奪小学校卓球大会男子団体 第1位。

   16年11月18日    全校児童で5年間集めてきたアルミ缶・プルタブで車いすを購入。
                  通所介護事務所「石堂さくら通り」に贈る。

   18年 3月31日    校地前国道104号線拡張工事完了。

   18年10月16日    ドコモ環境教育活動助成対象校となり、助成金100万円を受ける。

   19年 4月28日    第25回全国ホープス卓球団体八戸予選会男子団体 第3位。

   19年 6月24日    第36回八戸市スポーツ少年団卓球競技男子団体 第2位。

   20年 3月21日    『PISA型「読解力」を育てる授業提案』を東洋館出版社から発刊。

   20年 5月24日    ビオトープ除幕式。

   20年11月 7日    校庭改修工事完了

   20年11月 8日    『PISA型「読解力」を育てる授業提案』の自主公開研究会を開催。

   21年 5月 6日    第29回学童野球大会八戸予選で準優勝。
  
   21年 7月29日    第52回八戸市内少年親善野球大会で準優勝。

   21年 9月29日    創立百三十周年記念式典,祝賀会挙行。

   21年10月31日    『PISA型「読解力」を育てる授業提案』の自主公開研究会を開催。

   22年 1月29日    キュービクル交換工事完了。
 
   22年 3月20日    『単元構成の工夫で活用力を育てる』を東洋館出版社から発刊。

   22年 8月27日    きょうだい学級による全校登山(市民の森)

   23年 2月15日    サトウキビ寄贈(海上自衛隊)。

   23年11月 4日    西校舎耐震補強工事完了。

   23年 6月25日    スポーツ少年団野球県大会(五戸町)

   24年 1月23日    救助袋交換