住所:八戸市西白山台四丁目15番1号
TEL:0178-70-2489
FAX:0178-27-1111
大きな地図で見る

教育目標・学校経営

【教育目標】
   『心豊かに たくましく ともに学び合う子』

【努力目標】
   [学] よく聴き よく考える子
   [心] きまりを守り 思いやりをもつ子
   [体] 進んで 体をきたえる子

【今年度のテーマ】
  元気いっぱい 学びわくわく 親切ハートの西白山台っ子

平成29年度学校運営の構想はこちらをご覧ください。
(PDFファイルが開きます。)


 

平成29年度 学校経営方針
                                                                            
Ⅰ 経営の基底-信頼と責任
    信頼は、教育活動すべての前提である。教師と子ども、子ども同士、教師
 相互、教師と保護者の信頼関係を基盤にして、家庭・地域から信頼される学
 校をめざす。
    そのために、教師は良識ある社会人として、また教育の専門家としての責
 任を果たすとともに、学校・家庭・地域が子どものよりよい育ちのためにそれ
 ぞれの責任を共有しながら、日々の教育活動を推進していく。

Ⅱ 経営の方針

 1 めざす学校像(開校1年目の校風づくり)
      一人一人の子どもが大切にされ、自分に自信をもち、夢や志を実現して
  いこうとする意欲を抱きながら確かに豊かに育つ学校。そこで、子どもと教
  師が学ぶことの楽しさや喜びを分かち合い、切磋琢磨しながら自己実現を
  図っていく。

 2 めざす子ども像
   「夢や志の実現に向かって学び続ける人間性豊かな子ども」の育成
       ○確かな学力を身につけた子ども
       ○基本的な生活習慣、学習習慣を身につけた子ども
       ○命を大切にする子ども
       ○読書に親しむ子ども
       ○ふるさとを愛する子ども

 3 教育目標(長期目標)
    『心豊かに たくましく ともに学び合う子』

 4 努力目標(中期目標)
    【学】 よく聴き よく考える子
    【心】 きまりを守り 思いやりをもつ子
    【体】 進んで 体をきたえる子

 5 学校目標(短期目標)
    ○ 学びの基礎をはぐくむために
        学習習慣を身に付けさせ、基礎・基本の確実な定着を図る。

〔重点施策〕
  (1)「聴く・話す」態度を育てることにより、学び合いの充実を図る。
    ・「ききかためいじんあいうえお」の定着
    ・学び合い活動の充実(物事を関係づけて話す・聴く)
  (2)各種テストの結果を生かした指導により、基礎的な力を定着させる。
    ・学力テストの結果を基にした指導の改善
    ・単元テストの結果を活用した指導の充実
  (3)「学習のきまり」により、学校及び家庭において学習習慣を身に付ける。
    ・「学習のきまり」による評価の継続
    ・学校と家庭における読書の推進

 <学校目標の具現化のために>
    ○すべての学級でなされること
    ○子どもたちの変容として表れること
    ○教職員の手応えとして残ること
 <同僚性の構築>
    ○同僚(先輩)にまねて学ぶ-謙虚さ-
    ○仕事は厳しく自分の持ち場で力を発揮する-責任とフォローアップ-
    ○子どもとともに育つ-子どもが自分を育ててくれている-
 <ルールとリレーションの確立>
    ○集団にはルールが必要-ルールの無い集団は目標を達成できない-
    ○集団には温かい人間関係が必要
                 -よさ(有能感・有用感)に目を向け引き出す-
    ○ルールとリレーションのどちらもバランスよく集団に定着させる

 6 めざす教師像
  (1)教職に対する強い情熱
   ①確かな教育観のもと、愛情と情熱をもって子どもに接し、使命感と誇りを
    もつ教師
   ②互いの長所を認め合い、創造と熱意をもって協働し、教育目標の実現に
    全力で取り組み前進しようとする教師
  (2)専門家としての確かな力量
   ①常に課題意識をもって研修し、自分自身の感性・資質を高め、子ども一
    人一人に生きる力を保障する確かな指導力を身につけた教師
   ②子ども理解、生徒指導、集団指導、学習指導に優れた教師
  (3)総合的な人間力
   ①統合性(共通理解、共通指導、意思統一)と多元性(専門性、自立性、
    個性・特性・主体性)の調和を図って、特色ある学校づくりに努める教師
      ②心身ともに明るく健康な教師
   
Ⅲ 学校運営に際して
 1 保護者との信頼関係を構築する-誠意ある対応とスピードある対応-
 2 地域密着型教育を生かす-積極的に地域と関わる-
 3 特別支援教育の視点を大切にする-通常の学級での特別支援教育-
 4 1時間1時間の授業を大切する-教材研究・週案簿の充実-
 5 職員朝会・職員会議の効率的な運営-報告・連絡・相談と共通理解-