Tel/Fax: 0178-83-2443
展示について

古民家

南郷地区について

各種講座

ご利用案内

アクセス



特別展開催の お知らせ

「回想法  貸出しセット」の        ご案内

学校の先生方へ


リンク集

八戸市博物館
八戸市 史跡根城の広場
八戸市 埋蔵文化財センター 是川縄文館
八戸市美術館

八戸市TOP













 ダムに沈んだ世増地区から移築した民家です。
明治の中頃に建築された建物で、5間×8間の一般的な大きさです。
 間取りは、にわ(土間)、厩(うまや)、ちゃま(居間)、じょうや(物置)、寝部屋、でい(奥座敷)、こざ(奥座敷)となっています。
 台所が無いのが特徴で、囲炉裏で調理や煮炊きをしていました。




 ■昔の人びとの暮らし■
囲炉裏。食べ物の煮炊きをするので、一年中火が焚かれていました。 麻から糸をとり、機(はた)で織って衣類を作っていました。 豆腐作りの道具。大豆から作る豆腐はごちそうでした。特別な日には、家で作りました。
味噌玉。味噌は、重要なたんぱく源でした。大豆を煮て、つぶして、味噌玉にして発酵させて、味噌を作りました。 わら布団。布団の中には、わらを使いました。 えんつこ。わらを編んだもので、赤ちゃんを入れておきました。現在のベビーベッドです。