施設案内
館内図
常設展示
史跡 根城の広場
催事
 
学習コーナー
考古
歴史
民俗
刊行物
利用案内
交通アクセス
  学校の先生方へ
 
 博物館実習
 
八戸市庁トップへ
施設案内【史跡 根城の広場】
 
 根城は、建武元年(1334年)に南部師行(なんぶもろゆき)により築城された城です。
 寛永4年(1627年)に領地替えにより使われなくなるまでの約300年間、八戸地方の中心でした。

 根城跡は、昭和16年に国史跡に指定されました。
 その後、昭和53年から約11年間掛けて、発掘調査及び整備事業が進められました。

 史跡の主要部分は、平成6年10月「史跡 根城の広場」として公園化されており、本丸跡には、発掘調査の成果をもとに、安土桃山時代の根城の様子が復原整備されています。

 主殿と呼ばれる当主が儀式を執り行った建物を中心に、工房(こうぼう)・板蔵(いたくら)・納屋(なや)・馬屋(うまや)などが復原されており、内部に入れば、正月の儀式の様子や、いろいろな道具類などを見ることができます。
イメージ図
本丸跡の復原
 
イメージ
主 殿
殿様が来客と会ったり、さまざまな儀式をとり行うための建物
イメージ
イメージ
工 房
武器や鎧などの製作・修理を行っていた状況を展示
イメージ
主殿・広間
正月十一日の儀式の様子
 >> 史跡根城の広場の詳しい情報はこちら
 
 
 根城の広場では、ボランティアの史跡ガイドが史跡の案内をします(案内は無料・所要時間約1時間)。 イメージ イメージ
 
 また、広場内は、無料で散策できます。(本丸のみ有料)
 天気の良い日には、茶道・短歌などのサークル活動にもご利用ください。
イメージ イメージ イメージ