施設案内
館内図
常設展示
史跡 根城の広場
催事
 
学習コーナー
考古
歴史
民俗
刊行物
利用案内
交通アクセス
  学校の先生方へ
 
  博物館実習
 
八戸市庁トップへ
学習コーナー【民俗】
 
衣食住
◆ 着物
 明治時代の服装は、つづれという着物を着て、ももひきというズボンのようなものをはいていました。女性は、三幅前掛け(みはばまえかけ)をしました。

 着物を買える家はあまりなく、母親が家族の分を作りました。麻を栽培して糸を作り、それを機織り機にかけて布を織り、その布を縫って作りました。このように気が遠くなりそうな作業を経て、一枚の着物ができました。ですから、着物はとても貴重なものでした。
 一般の人が洋服を着るようになったのは、昭和時代になってからです。
 
写真
つづれ
麻や木綿の布を、藍(あい)で染めました。少しでも丈夫にするために、全体に細かく糸を縫っています。
写真
三幅前掛け(みはばまえかけ)
三枚の布を縫って作られることからこう呼ばれます。
 両端には紺色の布、真ん中に模様がはいった布を使い、これが女性のおしゃれでした。
 股(また)が見えるのを防いだり、ひもが帯がわりになるため、作業の時は必ずつけました。
写真
明治20年頃
 
写真
ももひき
写真
はきもの
ぞうりやわらじなど、わらで自分で作りました。
下駄は買わなければならないので、やや高級品でした。
 
◆ 食べ物
 昭和中頃までは、主食は稗(ひえ)でした。おかずは、みそ汁と漬け物だけというのが多く、イワシの塩漬けを焼いて食べるくらいでした。
 お米だけのご飯を食べるのは、大みそかや正月だけでした。塩鮭(しおざけ)やくじら汁が最高のごちそうでした。
 
写真
ふだんの食事
稗(ひえ)めし・みそ汁・漬物・焼いた塩漬のイワシ
写真
特別な日の食事
米だけのご飯・くじら汁・塩鮭(しおざけ)・豆ふ料理・煮しめ
 
なぜお米を食べることができなかったか?
   八戸は寒いところなので、畑での稗(ひえ)やそば、野菜作りが主で、お米作りはあまり盛んではありませんでした。
 また、お米作りをしている農家でも、お米を売ってお金にして、税金を払ったり、生活に必要なものを買わなければならなかったので、食べることができなかったのです。
 
 
 
◆ 家
 木の家で、かやぶき(すすきのような植物)の屋根でした。部屋は、いろりがある常居(じょうい:居間)、台所、座敷が2つ、それに土間(土のところ)と馬屋(馬を飼う部屋)があるというのが一般的でした。
いろり

 八戸の家には必ずいろりがありました。毎日食べる稗飯(ひえめし)やみそ汁は、鉄のなべでいろりで煮て作りました。
写真
 
写真
水おけ・水がめ

 水道が普及したのは昭和30年代です。それまでは井戸や川から汲んでこなければなりませんでした。水おけで運んで、水がめに入れておいて大事に使いました。
 水は毎日使うので、毎日何回も汲みにいかなければなりませんでした。雨の日も、雪の日も汲みにいきました。