八戸市立東中学校
生徒が自ら望む生き方を実現できる力の育成
住所:青森県八戸市湊高台二丁目14-8
TEL:0178-31-3170
FAX:0178-32-1130
大きな地図で見る

学校教育目標・努力目標及び学校経営の方針

1 教育目標・努力目標

【教育目標】
(1)よく学び、自らを高める生徒
(2)礼儀正しく、思いやりのある生徒
(3)心身を鍛えるたくましい生徒

【努力目標】
(1)めあてを持って学習する生徒
(2)思いやりの心で行動する生徒
(3)粘り強く最後までやりぬく生徒


2 学校課題(昨年度の実態を踏まえて)
(1)教職員の資質向上
①地域・保護者・生徒・同僚から信頼される東中職員であるために、免許教科の専門性・指導力はもちろんのこと、教育公務員としての資質、一社会人としての人間性を高める必要がある。
②校外研修内容を共有と、校内研修の推進を図り、喫緊の学校課題と今日的な教育課題の解決に努める必要がある。
(2)学力の向上→自己有能感
①学習内容と社会との結び付きを意識した教材観・指導観を柱に、生徒に学びや活動の喜びを実感させる授業改善に努める必要がある。
②学んだ知識や技能を活用に結びつけ、学習成果として「どのような力が身に付いたか」を実感させる指導と評価について研究改善を図る必要がある。
(3)実践力の育成→自己有用感
①学級や生徒会等、集団組織の一員として自らを生かし、成就感を味わわせる活動を推進する必要がある。
②自己目標や「東中5つの生活実践」等、目標達成に向けた計画力と実行力を高める必要がある。
(4)キャリアプランニング能力の育成→自尊心
①困難を乗り越える強い意志と自己管理能力を高める必要がある。
②自分の将来や生き方を考え、学ぶことへの意識を高める必要がある。


3 学校経営方針
 中学校は、小学校時の初等教育における基礎の上に、心身の発達に応じて、義務教育として行われる普通教育を施すことを目的とする。そして本校は、公立中学校として青森県教育委員会及び八戸市教育委員会の指導の方針と重点を踏まえ、全教職員が協調と責任を持って学校経営へ参画し、今年度の学校目標の達成、さらには教育目標と努力目標の具現化に努める。
 また、教職員は、全ての教育活動において「キャリア教育」を指導の基底に据え、生徒自らが自己の学びや活動の意義を考え、今後、社会の中で自己を生かし、社会を創造するための力を育む場となり得るカリキュラムを工夫し、「確かな学力(学)」「豊かな人間性(徳)」「たくましく生きるための健康・体力(健)」の教育要素をバランスよく育てる教育を実践する。

4 学校目標(学校課題に照らし焦点化した単年度目標)
 『生徒が自分自身の生き方を考え、実現できる力の育成を図る』 →学年経営等の分掌目標に関連づけ

■重点施策(目標達成への意欲につながる施策の提示)
①キャリアプランニング力を高める指導の工夫→JS・地域密着型教育に関連づけ
②学習意欲を高める指導の工夫→校内研・教科経営に関連づけ
③望ましい人間関係を築く指導の工夫→道徳・特活・生徒指導に関連づけ
④健康への意識を育てる指導の工夫→体育・保健・食育に関連づけ
■評価基準
11月に学校評価アンケートを実施し、重点施策に関連した生徒・保護者・教員からの肯定的評価を80%としたい。

5 自己管理能力を高める5つの生活実践「東中生Motto」
(1)朝の目覚めはスッキリと
(2)朝食はバランスよく
(3)挨拶・返事は気持ちよく
(4)時間に余裕を持って行動
(5)掃除と整頓でいつも爽やかに

6 学校目標を具現化するための各分掌の目標
(1)校 長
〔学校経営に係る目標〕
・教育目標を具現化するため、職員に経営の参画意識をもたせる。
〔職員の指導監督に係る目標〕
・授業力と生徒指導力の資質向上を図るため、職員との話し合いを大切にし、校内研修やJS事業の充実に努める。
〔施設設備の管理・事務の掌理に係る目標〕
・安心して学べる場を確保するため、危機・安全管理と事務管理に努める。
(2)教 頭
〔学校管理運営に係る目標〕
・学校目標を達成するため、生徒が生き生きと活動し、職員が持ち味を発揮できる学校運営に努める。
〔職員の指導監督・児童生徒の指導に係る目標〕
・各主任を中心に、学年・校務分掌・教科での話し合いを重視することにより、組織の活性化に努める。
〔施設設備の管理・事務の処理に係る目標〕
・円滑な教育活動を展開させるため、敷地内を巡回するとともに、市教育委員会等との連絡を密にし、施設設備の維持・管理に努める。
(3)教諭・講師
〔学習指導に係る目標〕
・教科の面白さに気づかせ、学習意欲と学力の向上に努める。
〔学級(学年)経営・生徒指導等に係る目標〕
・将来の自己管理につながる生活習慣の確立に努める。
〔学校運営に係る目標〕
・学校の活性化のため、校務分掌等において共通理解と協働実践を大切にし参画する。
(4)養護教諭
〔保健教育・保健管理・生徒指導等に係る目標〕
・生徒が心身の健康状態を正しく把握し、健康の保持増進に努めることができるよう、保健指導に努める。
〔学校運営に係る目標〕
・生徒の心と体の健康問題解決のために、教職員の共通理解と連携を大切にした保健室経営に努める。
(5)事務職員
〔事務処理に係る目標〕
・校務分掌で割り当てられた学校事務について、適正かつ速やかに処理するよう努める。
〔会計経理・調査等に係る目標〕
・学校予算・旅費に関して、学校全体の計画に基づき、適正な執行に努める。
〔施設設備の管理に係る目標〕
・施設設備の修繕に関して、生徒が安全に生活できるよう管理職と相談のうえ対応するよう努める。