施設案内
館内図
常設展示
史跡 根城の広場
催事
 
学習コーナー
考古
歴史
民俗
刊行物
利用案内
交通アクセス
  学校の先生方へ
 
  博物館実習
 
八戸市庁トップへ
学習コーナー【歴史】
 
飢饉【けがじ】
 
 飢饉(けがじ)とは、作物が実らない凶作で食べ物がなくなることをいいます。

 八戸は寒いところなので、たびたび凶作に悩まされました。中でも全く作物が実らない年もあり、大凶作の年にはたくさんの人々が死にました。
 私たちの先祖の人は、このような中を頑張って生き抜いてきました。
 
 
餓死万霊等供養塔(がしばんれいとうくようとう)
 
  新井田の対泉院(たいせんいん お寺)の入り口にたっている江戸時代の飢饉(けがじ)で死んだ人を供養する塔。裏面に天明の飢饉の様子が刻まれています。
 
写真
 安永七年(1778)の頃から、ここ数年の間耕作はよくなかった。天明三年(1783)の大凶作の様子は、四月十一日の朝に雷が強く鳴り、やませ(冷たい風)が吹き、大雨が降りだした。
  それ以来、八月の末まで雨が降り続き、九月一日にようやく晴れた。夏の間ずっと綿入れを重ねて着なければならないほど寒かった。田や畑の作物は実らず、青立ちのままだった。人びとは階上岳へ登りわらびの根を掘り、海草や山草はもちろん、わらも粉にして食べた。そればかりか(人も食べた:この部分は削りとられています)。
  翌年になると、領内すべてで収穫がなくなり、病気が流行し、多くの人が餓死(がし)して、死体が山のようであった。町や村では毎晩のように火事があり、押し込み強盗などが多くなった。しかし、新井田村では出火はなかった。
 領内の人口六万五千人あまりのうち、三万人あまりが死んだ。新井田・十日市・田向・塩入・岩淵の人口男女あわせて千四百十八人、そのうち六百九十六人が死んだ。家は二百七十二軒のうち、百三十六軒がつぶれた。これまでにないことである。これからは、米や穀物をたくわえておくべきだ。
 
 
イメージ
イメージ
「卯辰飢饉物語」より挿絵
(うたてききんものがたり)
八戸の飢饉(けがじ)の様子を記録した江戸時代の書物
※上の挿絵は、原本の画像データに着色したものです。